手続きの特徴

天秤

和解交渉が利点

任意整理は、お金を借り入れている賃金業者との和解交渉です。なぜ借金を減額できるかというと、将来利息をカットできるからです。毎月の返済は、元本より利息分を優先して返しています。月々の支払額が少ないと元本が減らず、借金が中々終わらない状況になるのです。利息が発生しなければ元本の返済に集中できるため、終わりが見えてきます。任意整理は裁判所を介さない方法なので、速やかな処理が期待できます。司法書士か弁護士などの専門家に委任した場合の期間は、1ヶ月から2ヶ月が目安です。これ以外の債務整理である自己破産や個人再生は、裁判所に申し立てをするために様々な書類を集めて提出する必要があります。申し立てまでに時間がかかるだけでなく、その後の進行もスピーディとは言えないのが普通です。さらに自己破産や個人再生で提出する書類には、同居家族からの種類も必要です。しかし、任意整理はそれがないため、家族に知られることなく借金の調整が行えます。また、官報公告に掲載されることもないので、会社の人など、第三者に知られることもありません。それから、保証人が付いている債務を除いて調整することも可能です。保証人には迷惑をかけられないと考え、任意整理を第一選択にしている人は多いです。そうはいっても、この方法は万人に向く債務整理とはいえません。向いているのは、減額が成立した債務を3年程度で弁済できる人、継続収入が見込める人とされています。

Copyright© 2018 債務整理の1つ任意整理|借金の返済が困難になった場合の第一選択 All Rights Reserved.