知っておきたい注意点

ジャッジガベル

最低5年は借金できない

任意整理は裁判所を通さずに、債権者と直接和解交渉を行う債務整理です。第三者に知られることなく借金を軽くできる可能性がある方法です。ただし、元本が減額されるケースは多くなく、良くて将来利息がカットされるレベルと考えると良いです。3年程度を目安に無理のない返済計画を債権者に納得してもらうことが、この交渉の原則です。それから、任意整理も信用情報の登録、いわゆるブラックリストに載る状態になります。債権者と任意整理の交渉が成立してから最低5年はクレジットカードを作ることやローンの利用ができません。中には完済してから信用情報の登録を行う賃金業者もいます。家族に知られない方法といっても、あくまでもローンなどの利用予定がないことが前提となるかもしれません。任意整理は専門家に交渉を任せるのが普通ですが、そこに費用がかかるのを躊躇して自分で行う人もゼロではありません。しかし、交渉に不慣れな債務者と話し合うことを好む債権者はおらず、上手く事が運ぶ可能性は高くないのが実情です。弁護士費用は分割払いが可能で、借金の返済が終わってからの支払いに応じてくれる事務所もあります。また、公的機関の法律支援センターでは弁護士費用の立替を行い、手数料なしで月々5千円からの分割払いの対応しています。専門家への支払いが大変な場合は、そうした支払い方法を選択するのも一案です。なお、司法書士事務所のほうが費用が安いイメージを持つ人もいますが、一概にそうとは言い切れません。事務所によって費用の設定はばらつきがあるので、近くに何軒も事務所があり選択肢が多い場合は、比較することが大切です。

Copyright© 2018 債務整理の1つ任意整理|借金の返済が困難になった場合の第一選択 All Rights Reserved.